「OPEN MARRIAGE」

  最近日本映画「オープンマリッジ」を観た。

タイトルが意味不明なので、事前にネットで調べたら

米国の社会学者オニール夫妻が1971年に出版した本の

タイトルと同じだった。 この本は12か国語に翻訳され、

世界で3千万部以上売れたという。

 

 上記日本映画の内容は急ぎ過ぎの感あり、物足りない。

そこで原作の邦訳を探したが見当たらない。

アマゾンで探していたら、主に女性だが違う筆者で

同タイトルの本がいろいろあったが、どれも邦訳は

無いようだ。

 

 それと、発売から50年も経っているのにオニール夫妻の

「オープンマリッジ」は海外でも映像化されていないようだ。

他の作家の興味本位のものが1件映画化されているようではある。

日本の「オープンマリッジ」はこの海外映画を参考にしたのかも。

 

 仕方が無いから、英文だがキンドル版があったので購入した。

これから、内容を調べて、発表したいと思う。

 

 前書きを読むと、夫妻は古来ある一夫一妻制が現実には

合わなくなっているのではと考え、1967年に「オープン

マリッジ」という考えを思い付き、知り合いの学者たちの

意見を聴取したうえで、数多くのカップルから結婚生活の

実態と夫妻の提案する「オープンマリッジ」という考え方に

対する意見を集めて本に纏めたとある。

 

 取り敢えず、英文目次だけフォトコピーを載せて置く。

中身を読まないと見当もつかない項目が多い。

 

f:id:tedokunusi:20201104002914j:plain

f:id:tedokunusi:20201104002939j:plain

f:id:tedokunusi:20201104003006j:plain



 

 

 

ワシントンDC

 ケーブルテレビで米国のテレビドラマ「サバイバー宿命の

大統領」を見ている。 米国での放送は2016年からであり、

3シリーズをもって、すでに終了している。

 

 日本での放送は始まったばかりだが、2001年の同時多発

テロ「911事件」とは比較にならない規模のテロを

想定したドラマであり、見ごたえがある。

 

 原題はDesignated Survivorで、訳は「指定生存者」。

これは大統領の議事堂での一般教書演説の際、大統領

継承権者を議事堂から離れた場所で待機させる制度。

 

 ドラマは冒頭で議事堂が爆破され、大統領と主要閣僚、

上院下院議員の多くの命が失われる。

 

 その結果、直ちに、「指定生存者」一位だが、末端閣僚

である、都市開発庁長官が大統領に就任する。

 

 内容は見てのお楽しみにして、気になって調べたことを

書いておく。

 

 まず、「ワシントンDC」とは何かである。

 

 ワシントンはニューヨーク駐在時、観光で行ったり、

財務省というお役所に行ったことはあるが、米国の首府

ということしか知らなかったし、詳しく知ろうとも

思わなかった。

 

 1800年頃、法律で決めた首都である。 それまでの

首都はボストンとフィラデルフィアだったと記憶する。

正式には「ワシントン・コロンビア特別区」。

DCとはDistrict of Columniaの略である。

 

 矢張り、アメリカ大陸発見者、コロンブスの名前を

つけたかったのだろう。 最近の人口は約70万人で、

黒人が50%というのは、地理的に南部ということと、

人種差別をしないという国策の現れか。

 

 ドラマの中で、新大統領が狙撃される場面があり、

長男、長女を大統領の別荘がある、キャンプ・

デーヴィッド(メインランド州)に移す。

大統領自身はワシントンを離れられないから、

祖母が面倒を見ていて、妻であり母親である

ファーストレディが頻繁にヘリで行ったり来たり。

尚、この施設は海軍の所有であり、警備は万全。

 

 少し前から「マダムセクレタリー」(女性国務長官

という米国ドラマを観ているが、矢張り、アメリカは

スケールの大きい映画を作るから楽しみである。

 

 

 

 

 

東京のコロナ・ウイルス感染

 東京のコロナ・ウイルス感染者が3,000人を超えた。

 

 東京と言っても、発生が多いのは何処か、気になって

いたら、今日の朝日新聞で、都が発表した18日付の数字を

転載していた。

 

 東京都の発表は23特別区、多摩地区、島しょ地域の

順になっているが、数字で大→小の順に替えてみた。

 

  23特別区

世田谷区   277人

新宿区    227

港区     208

杉並区    134

品川区    130

渋谷区    113

練馬区    100

目黒区     94

大田区     90

豊島区     88

中野区     83

葛飾区     77

江戸川区    77

足立区     69

江東区     68

中央区     65

板橋区     64

台東区     55

墨田区     51

北区      44

文京区     41

千代田区    19

荒川区     13

     小 計  2,187

 

   多摩地域

八王子市    30

町田市     30

府中市     28

調布市     24

三鷹市     20

多摩市     19

西東京市    19

立川市     13

武蔵野市    13

日野市     13

小平市     11

東久留米市   11

小金井市     9

狛江市      9

清瀬市      9

国分寺市     6

稲城市      6

東村山市     5

昭島市      5

東大和市     5

羽村市      5

国立市      4

青梅市      3

あきる野市    2

武蔵村山市    1

瑞穂市      1

福生市      0

日の出町     0

奥多摩町     0

檜原村      0

      小 計  301

 

  島しょ地域

大島町      0

八丈町      0

利島村      0

神津島村     0

御蔵島村     0

青ヶ島村     0

新島村      0

三宅村      0

小笠原村     0

     小 計    0

 

都外      77(?)

調査中    410(含永寿病院187)

 

        総 合 計   2,975

 

 

 

 

 

 

 

コロナ・ウイルスについて

    コロナ・ウイルス

  =COVID-19の情報と予防

 

 出典は分からないが、興味深い文書があったので、

ご参考までに紹介します。

(実は、ネットで勉強しましたが、これほど的を得て

いると思える資料はありませんでした。)

 

ウイルスは生物ではありません。 

タンパク質の遺伝子(DNA)です。

それが、油脂(油)の層に包まれています。

眼球や口の中の粘膜に付着すると、細胞に侵入し、

遺伝子情報をウイルスのものに書き換えます。

その細胞が増殖することで、ウイルスは急激に増えます。

 

ウイルスは生物ではないので死にません。

しかし、タンパク質の分子なので、破壊することは

出来ます。

破壊方法は、温度と湿度、それとウイルスが付着

している素材によります。

 

ウイルスは薄い油脂に覆われただけの、非常に

壊れやすい物質です。

石鹸や消毒液で壊すことが出来ます。

石鹸の泡が脂質を切り裂きます。

だから、タップリの石鹸で20秒以上、こすり洗い

するのが有効です。

油脂の層を溶かすことで、タンパク質分子は分解し、

壊れます。

 

熱も油脂を溶かします。 25℃以上の温水で手や服

などを洗うと、効果的です。 

温水は石鹸を、より良く泡立てます。

 

アルコール溶液は65%以上のものであれば、ウイルスの油脂を溶かします。 

(アルコール消毒はウイルスを除去するするだけ。)

 

漂白剤はタンパク質を内側から直接破壊します。

 

過酸化水素水(オキシドール)は石鹸やアルコールや

塩素ほどの効果はありません。

 

殺菌剤は効果がありません! 

ウイルスはバクテリアのような生物ではないので、

抗生物質で殺すことも出来ません。

 

ウイルスが飛び散るので、着衣やシート類を

絶対振らない。

 

ウイルスの活性時間は大体次の通り:

 多孔質な表面(皮膚、繊維、紙など)に付着ー3時間

 金属や木材の表面に付着ー3時間

 段ボールに付着ー24時間  

 プラスチックに付着したときー72時間

 

ウイルスは屋外の低温の場所、冷房の効いた家屋や

車内、湿気のある所や暗い所で活性状態が続きます。

だから、環境を暖かくし、乾燥させ、明るくする

ことが効果的です。

 

紫外線の照射もウイルスの付着が疑われるマスク

などに効果があります。

ただし、紫外線は皮膚の脂肪を溶かし、発がん性も

あります。

 

ウイルスは健康な皮膚を通過することは出来ません。

 

お酢は役に立ちません。

(油脂を溶かすことが出来ないからです。)

 

ブランデー、ウオッカなどの蒸留酒も効果ありません。

(アルコール分が40%位しか無いから。

65%は必要。)

 

リステリンは効きます。(アルコール分65%ある)

 

狭いところほど、ウイルスは集中するので、

窓を開け、自然換気が有効。

 

唾液、鼻水、食品、鍵、ドアノブ、スイッチ、リモコン、

携帯電話、腕時計、机、パソコン、などウイルスが存在・

付着している恐れがあり、触る前後には手を洗うと

効果があります。

 

入浴の前後にも良く手を洗い、適度の乾燥後、肌の皺に

ウイルスが隠れている恐れがあるので、保湿クリームを

塗るのも効果的です。

 

爪もウイルスが隠れる可能性あり、短めに切って

おきます。

 

 

 

 

 

日本大好き米国女性ー毎日新聞より

 今日、突然、大恩ある米国人女性の紹介記事のコピーを

入手した。 出典は何と、1987年(昭和62年)10月9日付の

毎日新聞。 

 

f:id:tedokunusi:20200411193258j:plain

f:id:tedokunusi:20200411193346j:plain

 

 実は、私ども夫婦が彼女を知ったのは40年前。

 米国ニューヨーク長期駐在を終えて港区の自宅に帰国、

隣家のお嬢さんに紹介された。

 

 この新聞記事を見てあまりに詳しい内容に驚いた。

記事に無いのは、彼女の自宅は当時は港区元麻布の

高級住宅地にあったが、最近、最も日本的な土地柄と

言える、墨田川沿いに新築して引っ越されたこと。

 

 麻布十番には公営駐車場もあるが、最近地下鉄の

麻布十番駅が出来、お店に来られるのは問題無いようだ。

どっちみち、彼女は世界中を飛び歩いておられるが。

 

 彼女の日本愛の最大のイベントは飛騨高山の

合掌造りの古家を軽井沢に移設して別荘に

してしまったことだろう。

 

 日本と日本人と日本文化を愛した外国人と言えば、

松江中学の英語教師、日本婦人と結婚、日本に帰化し、

「怪談」を書いたラフカディオ・ハーンが有名。

「少年を大志を抱け」のクラーク博士はどうだったか。

 

 然し、多分、彼女、加藤Amyさんの右に出る人物は

いないと思う。